リバウンドなしの正しい置き換えダイエットの方法とは?

ダイエット

今置き換えダイエットの話題で世間はにぎわっていますが、話題性のあるものは何でも試さないと気が済まない方って多いのではないかと思います。
そんな中で気になるのが、置き換えダイエットによるリバウンドのリスクです。
これはどのダイエット法でもそうなのですが、間違ったやり方をしてしまう事によって思うように結果が出なかったり、リバウンドしてしまうといったリスクを秘めています。
今回は置き換えダイエットでリバウンドしない正しい方法について説明していきます。

■置き換えダイエットでリバウンドなしの鉄則について

置き換えダイエットといった大幅なカロリーセーブ主体のダイエット法でリバウンドしないための鉄則についてこれから紹介していきます。

●スローダイエットが基本!

数日、1週間、2週間で無理して痩せようとせずに、まずは半年を目安に無理のない目標を立てて実行していく事がリバウンドのリスクを回避できるコツです。
1日1食といった無理のない置き換えダイエットによって、徐々に脳(食欲)と体(胃袋)がその生活に慣れていくように導いていく事が大切です。
人間の体の細胞は、記憶する、古い記憶から新しい記憶へと塗りかえていくといった働きがあります。
体の細胞達が置き換えダイエットしながら、その食生活や減っていった体重の方が正常だと認識するようになれば、自然とリバウンドのリスクも回避できるようになります。
リバウンドが起きる原因としては、元の体重の方が正常値だと体が認識している事によって、一時的に痩せたとしてもまた元の状態へと無理して戻そうと細胞が働いてしまう事です。
だからまずは長い時間をかけながら、脳と体を慣らしていく事が大切なのです。
置き換えダイエットをしながらこれがモデルみたいな理想の食生活だと認識して、置き換えダイエットで痩せた後でも小食でヘルシーな食生活を維持していって下さい。

●置き換えダイエット時に空腹を感じさせない低カロリーで高栄養な食事を心がける

ダイエット

置き換えダイエット時には、1食もしくは2食がわずかコップ1杯程度のグリーンスムージーといった食事になってしまうので空腹感との闘いになります。
置き換えダイエット中にリバウンドしてしまうのは、空腹感に負けてしまって衝撃的にドカ食いしてしまうからです。
それでせっかく減らした体重も一気に逆戻りしてしまいます。
2キロ痩せるために数週間かかったとしても、戻るのにはたったの1日もあれば充分なのです。
飲み会や食事会が入っただけでも、リバウンドのリスクは高まります。
だからといってお付き合いをすべて断るのも仕事に支障をきたす場合があるので、それはなんとかして上手く乗り切るしかありません。
それぐらいリバウンドって怖いから、常日頃から置き換えダイエット中に食べたり飲んだりする物には細心の注意を払う必要があります。
理想的なのは、低カロリーで満腹感を得られる物や低カロリーで高栄養な物です。
おすすめを紹介します。

・こんにゃく米

お米と混ぜて炊くタイプのこんにゃくですが、お米に比べてカロリーを大幅にセーブできるだけでなく食物繊維が豊富なので、満腹作用や便秘解消効果が得られます。
炭水化物(糖分)を手軽にセーブできるので、置き換えダイエット中に小腹がすいた時にも、こんにゃく米入りのご飯でおかゆやお茶漬け、おにぎりを作って食べると良いでしょう。

・鳥のささみ

ささみは低脂肪で高たんぱく質なので、ダイエット中のおかずには最適な食材です。
カレーの具にする、焼き鳥、サラダの具と様々なメニューに活用出来ます。
常に冷凍しておいて、フレキシブルにメニューに活用していくのがお勧めです。

・豆腐

豆腐はGI値も低く高たんぱく質で満腹感を得られるので、大変お勧めの食品です。
GI値とはグリセミック・インデックスの略で、体内で糖に変化した時に血糖値が上昇するスピードについての数値です。
それが低い方がインシュリンの分泌をセーブできるので、効率よく脂肪燃焼を促進していく事が出来るという訳です。
豆腐はそのまま食べてもOKですし、様々なメニューにも活用していく事が出来ます。
団子の粉と混ぜてみたり、豆腐のグラタン、お好み焼きの具と混ぜる、豆腐ステーキ、豆腐のとんかつといった風に、から揚げやとんかつのように味付けすれば似たような食感を出す事も可能です。
豆腐をいかに使いこなせるか?といった腕も、置き換えダイエット中の食事管理には重要なポイントとなりそうです。

・トマト

食物繊維が豊富です。
トマトといえばリコピン成分が豊富に含まれている事で有名ですが、リコピンには血中の中性脂肪を減らす作用があります。
悪玉コレステロールを減らす効果も高いので、血行促進していきながら代謝アップ効果が期待出来ます。
トマトを活用したメニューにもいろいろあるのですが、お勧めは熱々のトマトリゾットです。
使用するご飯の半分はこんにゃく麺を活用するのがポイントです。
トマトのサラダ、トマトのスープと生のままでも煮ても使えるから、様々なメニューにトマトを活用していって下さい。
置き換えダイエット食以外の食事でいかに空腹感を満たしていくか?足りない栄養素を補っていけるか?といった事がリバウンドを招かないコツとなります。
買い物する時からダイエットは始まっているのだと思って、いつも買い物リストには低カロリーで栄養価の高いヘルシーな食品ばかり選ぶように心がけていって下さい。

●太りにくい食生活の心得

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s

これからずっと置き換えダイエットで減らした体重を維持し続けながらリバウンドしないためにも、太りにくい食生活の心得について説明していきます。

・夜は寝る前の1~3時間は食べないようにする

寝ている間は消化活動がスムーズに行われないので、食べた物のほとんどが体脂肪として蓄積されてしまいます。
さらに腸内の老廃物や便を排出に回すための活動が滞ってしまうようになるので、便秘や冷え性、肥満を招いてしまいます。
睡眠を妨げる要因にもなるので、寝る前にどうしてもお腹がすいてしまった場合には置き換え食に活用しているメーカー開発製品のグリーンスムージーやココアや豆乳といった飲み物を飲んで紛らわすようにしましょう。
食べ物よりはこういった飲み物の方が、胃腸には優しいようです。
但し寝る前には紅茶や緑茶、コーヒーといったカフェインを含む飲み物は睡眠を妨げる可能性が高いので避けて下さい。

●便秘解消、デトックス作用の高い食品を意識して摂取する事!

置き換えダイエット中には、便秘がちになりやすいです。
そんな時に排出活動が滞ってしまっては、便秘によって体重もスムーズに減らなくなってしまいます。
普段から意識して、便秘解消効果やデトックス作用の高い食品を摂取していきましょう。
おすすめを紹介します。

・発酵食品

腸内の善玉菌の活動を促進させる作用があります。
チーズ、ヨーグルト、味噌、麹甘酒、塩麹、納豆、漬物などです。

・食物繊維が豊富な食品

満腹感を得られるだけでなく、腸管の隙間に蓄積されている老廃物の排出を促す作用があります。
野菜類、海藻類、キノコ類、果物、玄米などの穀物がお勧めです。

・排出反射作用のある食品

酢、唐辛子、梅干し、生姜を意識して摂取すると、デトックス作用が高まります。
調理する際に、こういった物を意識して味付けに活用すると良いでしょう。

■まとめ

いかがでしたか?
今回はリバウンドのリスクを回避するコツについて述べてきましたが、この情報は置き換えダイエットに限らずに、他のダイエット法にチャレンジする際にも役立ちますし、普段からこのような食生活を身に着けておくだけで太り難くなります。
リバウンドしないためにはダイエットのコツをラーニングしていく事が大切なので、しっかり身に着けていきながら、それが普段の生活の中で自然に身につくように心がけていって下さい。

置き換えダイエットのやめ方とは?急に止めたらリバウンドする?

2016.03.01

置き換えダイエットでリバウンドを防止するには?

2016.03.01

置き換えダイエットでリバウンド!失敗しないためのコツ3選

2016.02.12

置き換えダイエットはリバウンドの危険性が高い?

2016.01.31
管理人一押しのグリーンスムージーを紹介します。
モニター女性が2週間で次々とダイエットに成功してます。

正面比較 側面比較
2週間で4キロの減量に成功。詳しくはこちら。
ミネラル酵素グリーンスムージーの効果!31歳OLの体験談【画像有】

正面比較 側面比較
2週間で2.9キロの減量に成功。詳しくはこちら。
服が着れない!産後太りの30歳主婦が2週間で痩せる!

おすすめのミネラル酵素グリーンスムージーの公式サイトはこちらになります。
矢印ミネラル酵素グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入するならこちらの記事をご参考ください。
ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入ならココ!