置き換えダイエットのメリットとデメリットを教えて?

ダイエット

■置き換えダイエットのメリットとデメリット

置き換えダイエットが今世間では話題のダイエット法として取り上げられているようですが、チャレンジする前に気になるがそのメリットとデメリットです。
何事も始める前にはリスク管理が大切なので、メリットだけでなくデメリットについてもしっかり理解しながら、そのデメリットを克服する解決策を考えて取り組んでいった方が成功しやすいようです。
今回は置き換えダイエットのメリットとデメリットについて詳しく検証していきたいと思います。

■置き換えダイエットのメリットについて

ダイエット

まずは置き換えダイエットのメリットから分析していきましょう。
置き換えダイエットのメリットとしては、

・簡単

特に置き換える食品を、メーカー開発製品のグリーンスムージーや酵素ジュース、プロテインなどを上手に活用していくと、水や牛乳で溶くだけで準備出来るから簡単です。
置き換え食の面倒なカロリー計算や栄養管理も必要ないので、継続して実行しやすいです。

・置き換える食事をフレキシブルに対応できる

今週は朝食を1食置き換えてみる、次の週は夕食、土曜日だけは2食を置き換えるといった風に置き換える食事をフレキシブルに対応できます。

・いつでも取り組める

家に居る時の食事だけでなく、普段通勤して働いていてもシャイカーをオフィスにもって行けば水や牛乳と混ぜて溶くだけで置き換え食が用意できるので、オフィスのランチでも置き換える事は可能です。

・効果が出やすい

1食置き換えるとだいたいマイナス300~900キロカロリーはセーブ出来るので、早期に体重減といった効果を実感しやすいです。

・運動だけで痩せるよりも体重が減りやすい

運動だけで痩せるためには、マイナス300キロカロリー減らすのに1時間ぐらいはジョギングしていないといけませんが、置き換えダイエットですと、1食置き換えるだけですぐにそれぐらいのカロリーはセーブできるからより痩せやすいです。

メリットとしては、だいたいこのような事が挙げられます。
他のダイエット法と比較検討してみると、置き換えダイエットは主にカロリーセーブ中心のダイエット法だという事がわかるはずです。
何も食べない断食ダイエットの場合ですと、いろいろなリスクが伴います。
人間の体の機能としては6時間以上空腹状態が続くと餓鬼状態だと細胞が判断して、その後に入ってくる食べ物や飲み物を必死で溜め込もうとしてしまいます。
それで逆に太りやすくなる場合があるので、低カロリーでもビタミンやミネラル、アミノ酸といった体の機能に大切な栄養素を補給してあげる置き換えダイエットのシステムは、痩せやすくするためには大切な要素なのです。

■気になる置き換えダイエットのデメリットについて

ダイエット

置き換えダイエットって巷では評判がいいけれど、それでもデメリットってあるのでしょうか?
どんな良いダイエット法でもやり方がまずいと上手くいかない場合もあるので、デメリットについても事前にチェックしておきましょう。

・栄養管理が大変

置き換え食以外の食事の栄養バランスが悪い場合に、健康を害してしまったり、痩せない場合がある

・お腹がすく

特に夕食といったボリュームのある食事を置き換えた場合には、1食がコップ1杯のグリーンスムージーだけでは物足りなくなってお腹がすく場合がある

・飽きやすい

いつも同じ置き換え食ばかり食べていたら途中で飽きる場合がある

・筋肉量が落ちやすい

置き換えダイエット中に運動を取り入れていなかったり、栄養不足によって筋肉から痩せていく場合がある。
極端にカロリーが不足すると、低体温症になって機能低下や女性ホルモンの減少を招いてしまう

などです。
置き換えダイエットも長く継続してこそ、今まで蓄積してきた体脂肪を燃焼させていけるのですが、それもやり方がまずいとこのように様々な健康面でのトラブルを招く場合があります。
チャレンジする前に、栄養面や健康面での正しい知識を身に着けてから実行していって下さい。

■置き換えダイエットのデメリットを克服するためには?

ダイエット

置き換えダイエットのデメリットを克服する事が出来たら、最高のダイエット法だといえそうです。
デメリットを克服する方法としては、

・栄養管理が大変な場合

置き換える食品に栄養価の高い物を選ぶと良いでしょう。
例えばビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なメーカー開発製品のグリーンスムージーだと1日に必要なビタミン、ミネラル、食物繊維の半分以上を補う事も可能です。
準備も簡単にできるから、自分で材料を揃えるよりは栄養管理も簡単にできるでしょう。

・お腹がすく場合

もしも置き換え食だけでお腹がすいた場合には、寒天ゼリーやこんにゃくゼリー、ダイエットスープ、ところてんなどで空腹感を紛らすと良いです。
こんにゃくや寒天は低カロリーで便秘解消効果が高いので、ダイエット中の間食にはお勧めの食品です。
置き換えダイエット中の空腹感を紛らわすためにこういったダイエット食品を常備ストックしておく事が、ダイエットで失敗しないコツです。

・飽きやすい時には

もしも置き換えダイエット食がワンパターンで飽きてきた場合には、その置き換え食に何かアレンジを加えてみると良いです。
置き換え食がメーカー開発製品のグリーンスムージーの場合には、水で溶いていたのを牛乳や豆乳で溶く、たまにはバナナやリンゴなどと一緒にミキサーにかけてみる、ヨーグルトに混ぜてみるといった風に、飽きてきたなと思ったら自分でアレンジメニューを作ってみましょう。
グリーンスムージーのメニューはネット上でもいろいろな種類が掲載されています。
そういった物を参考にしていくと良いでしょう。

・筋肉量が落ちやすい

筋肉量が落ちやすい原因としては、置き換えダイエット中に運動を取り入れていない場合やたんぱく質(アミノ酸)不足に陥っている場合です。
たんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルも筋肉を生成する際には必要となってきますので栄養管理には充分注意していきましょう。
筋肉の特徴としては使っていないとどんどん衰えていってしまうので、普段あまり動かない人は特に意識して運動を取り入れるようにしましょう。
筋肉生成には、成長ホルモンの働きが大きく影響しています。
成長ホルモンの分泌は夜の10時から深夜の2時の間に熟睡出来た時に分泌されるか、もしくは運動時や空腹時に分泌される事が多いようです。
成長ホルモンの分泌を促進させる成分として、アミノ酸の中を意識して摂取していく事が大切です。

お勧めは、

●オルニチン
●アルギニン
●グルシン
●グルタミン
●ナイアシン
●カルニチン
●シトルリン

などです。
他にも筋肉アップにはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)という必須アミノ酸配合のホエイプロテインがお勧めです。
こういった成分が配合されているサプリメントを上手く活用していくのも、筋力をアップさせながら代謝力を高めるコツでもあります。
置き換えダイエット中は代謝力が高い方が体脂肪を燃焼させやすいので、是非積極的に取り入れるようにしていって下さい。

■まとめ

今回は置き換えダイエットのメリットとデメリットについて解説していきましたが、きちんと理解していただけたでしょうか?
デメリットを克服する方法はいくらでもあります。
やり方さえきちんとしていたら置き換えダイエットは最強のダイエットともなりうるので、正しい知識によってクオリティを上げていきながらしっかり取り組んでいって下さい。

置き換えダイエットで栄養不足にならないための対策とは?

2016.01.28

置き換えダイエットで栄養不足になった場合のデメリットとは?

2016.01.28

温かい置き換えダイエット食品のメリットとは?

2016.01.19
管理人一押しのグリーンスムージーを紹介します。
モニター女性が2週間で次々とダイエットに成功してます。

正面比較 側面比較
2週間で4キロの減量に成功。詳しくはこちら。
ミネラル酵素グリーンスムージーの効果!31歳OLの体験談【画像有】

正面比較 側面比較
2週間で2.9キロの減量に成功。詳しくはこちら。
服が着れない!産後太りの30歳主婦が2週間で痩せる!

おすすめのミネラル酵素グリーンスムージーの公式サイトはこちらになります。
矢印ミネラル酵素グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入するならこちらの記事をご参考ください。
ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入ならココ!