置き換えダイエットは妊娠中はしていいの?危険性やリスクは?

妊娠

■妊娠中の置き換えダイエット

妊娠前に置き換えダイエットを続けていた人は、せっかく今まで頑張ってきたのだから妊娠中でも置き換えダイエットを続けていきたいと願っているでしょう。
他にも妊娠中の体重増加が止まらないという方も、置き換えダイエットをして出産時までにプラス10キロ未満にセーブしておきたいと願っている方もいるかと思います。
今回は置き換えダイエットを妊娠中に実行しても良いのかどうか?といった事と、その危険性とリスクについて解説していきます。

■妊娠中の置き換えダイエットの危険性について

妊娠中に置き換えダイエット、これははっきり言ってNGです。
基本的に妊娠中のダイエットは、自分だけでなく胎児にも悪影響を与えてしまいます。
妊娠中に栄養失調に陥ってしまうと、様々なトラブルを招いてしまうのです。
どのような危険性があるかというと、

・赤ちゃんが低出生体重児(未熟児)として生まれてくるリスクが高まる
・胎児期の栄養失調により、成人後に糖尿病や高血圧といった生活習慣病を招きやすい
・切迫早産や切迫流産のリスク
・貧血になりやすい

といった危険性が考えられます。
妊娠中にはだいたい出産までの間にプラス8キロから10キロぐらいが理想的な体重増加だと云われていますが、中にはプラス14キロ以上増える人もいます。
妊娠中に置き換えダイエットをするという考えは一旦リセットしておいて、母体と胎児の健康のために体重を管理する、栄養管理するといった考え方に直していきましょう。
その上で栄養価が高く、カロリーの低い置き換えダイエット用にメーカーが開発したグリーンスムージーといった健康食品を活用していく事はOKです。
特に妊娠中には便秘になりやすいので、食物繊維が豊富なグリーンスムージーといった健康食品はもってこいの栄養補助食品です。
置き換えダイエット食も栄養管理のために上手に活用していきながら、快適な妊娠ライフを送っていって下さい。

■妊娠中に置き換えダイエットをした場合のリスクについて

もしも妊娠中に置き換えダイエットを実行してしまった場合に考えられるリスクとしては、栄養失調に陥る事によって胎児に充分に栄養が行きわたらなくなり、胎児の知能が低くなったり、歯が抜ける、抜け毛や白髪が増える、貧血になる、視力が落ちるといった症状が挙げられます。
一旦そうなってしまうと、後でいくら栄養を継ぎ足しても元には戻らない事もあります。
特に妊娠中に胎児にしっかり栄養分が行きわたっていなかった場合には、低体重児として生まれてくる以外でも、知能が低い、体が弱い、免疫力が低い、その他様々な弊害が生まれてきます。
母体にとっても一度落ちてしまった視力を元に戻すのは難しいですし、歯が抜けたらもう元には戻りません。
そういったリスクについてしっかり理解しながら、妊娠中のダイエットは危険だという事を念頭において、まずは見た目よりは母子の健康管理を第一に考えて生活していって下さい。
妊娠中に増えてしまった体重も、出産後にきちんと元に戻している女性はたくさんいるので、絶対に元に戻らないといった事はないので安心して下さい。

■妊娠中に置き換えダイエット食を活用しても良いパターンについて

妊娠中のダイエットは基本的にはNGですが、もしも体重が急激に増加していった場合には、妊婦の健康のために置き換えダイエット食を活用しても良いでしょう。
妊娠中に置き換えダイエットを活用してもOKなパターンとしては、妊娠前から肥満の人もしくは、妊娠時の体重が急激に増加してしまった人(例えば妊娠5カ月なのにプラス10キロといった風に)などです。
妊娠中に体重がプラス15キロを超えてしまうと、妊娠中毒といって妊娠高血圧症候群になったり、糖代謝異常を引き起こすリスクが高まります。
そうなってしまうと赤ちゃんが大きく育ちすぎて、帝王切開をしなければいけなくなります。
他にも妊娠時の母体の体重が急激に増加してしまうと前期破水や弛緩出血、微弱陣痛といったトラブルが発生しやすくなるので、難産のリスクが高まって母子共に大変危険な状態になります。
そう考えていくと妊娠中にはいくらでも好きな物を食べていくらでも太っていいとは考えずに、栄養管理、健康管理、体重管理に心がけるべきです。
妊娠前から太っている人や妊娠前期にすでに体重が10キロ以上増加してしまった人は、置き換えダイエット食を上手に活用していってもOKです。

●置き換えダイエット食の活用例

その活用の仕方としては、

・朝食の場合

置き換えダイエット食のグリーンスムージー1杯(牛乳もしくは豆乳割)
ゆで卵1個
トマト1個

・昼食の場合

置き換えダイエット食のグリーンスムージー1杯(牛乳もしくは豆乳割)
マーボ丼

・夕食の場合

置き換えダイエット食のグリーンスムージー1杯(牛乳もしくは豆乳割)
魚の煮つけ
玄米ご飯1杯
酢の物
卵焼き3切れ

これは一例ですが、もしも妊娠中に置き換えダイエット食を活用する場合には、それだけでは確実に栄養不足に陥りやすいので、その他にも健康に良いメニューと一緒に摂るのがコツです。
おやつ替わりに置き換えダイエット食のグリーンスムージーを活用するのでもOKです。
低カロリーで栄養価の高い置き換えダイエット食は、このように普通のメニューでは補いきれないビタミンやミネラル、食物繊維などを補うための補助食品的な形で上手に活用していきましょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は妊娠中の置き換えダイエットの危険性やリスクについて解説していきましたが、きちんと理解していただけたでしょうか?
妊娠中は自分だけでなく生まれてくる子供にとってもダイエットによる栄養失調は高いリスクを背負っているので、そういった事をしっかり踏まえながら栄養管理に努めていって下さい。
どのようなダイエットを行う際にも、このように正しい知識が必要という事なのです。

管理人一押しのグリーンスムージーを紹介します。
モニター女性が2週間で次々とダイエットに成功してます。

正面比較 側面比較
2週間で4キロの減量に成功。詳しくはこちら。
ミネラル酵素グリーンスムージーの効果!31歳OLの体験談【画像有】

正面比較 側面比較
2週間で2.9キロの減量に成功。詳しくはこちら。
服が着れない!産後太りの30歳主婦が2週間で痩せる!

おすすめのミネラル酵素グリーンスムージーの公式サイトはこちらになります。
矢印ミネラル酵素グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入するならこちらの記事をご参考ください。
ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入ならココ!