置き換えダイエットの種類と特徴を教えて?

ダイエット

 

置き換えダイエットが今巷でブームとなっているようですが、ダイエッターの皆さんはどんな置き換えダイエット法を取り入れているのでしょう?
今回は置き換えダイエットの種類と特徴について紹介していきます。

■フルーツを活用した置き換えダイエット

一昔前に流行ったダイエット法ですが、フルーツを活用する置き換えダイエット法です。

●リンゴ

1個のカロリーはおよそ138キロカロリーです。
豊富なカリウムやその他のミネラル、ビタミン類、ペクチン、ポリフェノール、食物繊維が摂取出来ます。
カリウムはむくみ防止に効果的です。
ポリフェノールは抗酸化作用が高いので、アンチエイジングに高い効果が期待出来ます。
ペクチンには、血糖値を下げる作用や成長作用、疲労回復に効果があります。

●パイナップル

パイナップルを1個食べると、可食部のカロリーはおよそ258キロカロリーになります。
意外と低めですね。
でも置き換え食に活用するとしても、1個分をまるまる食べるのは大変なので、だいたいその半分の量の128キロカロリーが置き換え食用のカロリーだと思っておいて下さい。
ブロメリンというたんぱく質分解酵素が消化を促すのと、食物繊維が豊富なのでダイエッターに人気のフルーツです。
ビタミン類や疲労回復作用のあるクエン酸やむくみ解消効果の高いカリウムもたっぷり含まれているので、運動を取り入れたダイエットや下半身太りの方にお勧めのフルーツです。

●バナナ

ダイエット

1本分がおよそ84キロカロリーです。
コストが年中安定していてリーズナブルなので、ダイエットにも取り入れやすいフルーツです。
ビタミン類や食物繊維が豊富に含まれていて、ブドウ糖、果糖、ショ糖、フラクトオリゴ糖といった風に様々な糖分が同時に摂取出来ます。
早くエネルギーに変化する糖分とゆっくりエネルギーに変わる糖分とミックスしているので、栄養補給にはもってこいのフルーツです。
満腹感と便秘解消作用が高いので、置き換えダイエット用フルーツとしてよくランクアップされているようです。
バナナに含まれているカリウムが水太りに効果的な点と、フラクトオリゴ糖が善玉菌を増殖させる作用があるので、腸内環境を整えながら置き換えダイエットするのに大変お勧めのフルーツです。

●グレープフルーツ

1個分はおよそ80キロカロリーです。
豊富なビタミン、ミネラルが摂取出来るので、美容効果の高いフルーツとして女性に人気が高いようです。
グレープフルーツがダイエットにお勧めの点は、栄養素以外でもその香りが能の満腹中枢を刺激したり、血行促進する作用が高いからです。
カリウムが豊富なので、下半身太りに悩む女性達の間では、高い支持を得ているようです。
低GI値フルーツなので、ダイエッターにはお勧めです。
但し柑橘類にはソラレンという光毒性物質が含まれているので、朝食べると日焼けするリスクが高まるので、置き換えダイエット食に活用するのであれば夕食がお勧めです。

置き換えダイエットに上記のようなフルーツを活用する際には、出来れば朝食よりは夕食がお勧めです。
その訳はフルーツはどれも見てわかる通り、だいたい1食分が80~130キロカロリーぐらいあるので、400キロカロリー前後の朝食に置き換えたとしてもそう体重の変化が期待できない場合があります。
出来れば1食が800キロカロリー前後摂取する夕食に持ってくると、より効率よく置き換えダイエットを進めていけそうです。
フルーツ類は糖分が高めですので、もし置き換え食として活用する際には、他の食事の炭水化物や糖分を控えるようにして下さい。

■プロテインを活用した置き換えダイエット

ダイエット

プロテイン=たんぱく質=アミノ酸ですが、たんぱく質不足の方や運動を取り入れて筋肉を増強させたい方にお勧めの栄養補助食品です。
プロテインも粉末状の物を牛乳や水で溶いて飲む物と、メーカーが置き換えダイエット用に開発した物とあります。
メーカーが置き換えダイエット用に開発したプロテインは、1食分のカロリーを178キロ前後にセーブしながらアミノ酸の他にも食物繊維やビタミン、ミネラルといった美容と健康、ダイエットに欠かせない成分を強化して成分配合しています。
メニューもいろいろあって、

・プロテインシェイク
・プロテインリゾット
・プロテインカップケーキ
・プロテインスープパスタ
・プロテインムース
・プロテインチョコバー
・プロテインスープ
・プロテインチョコフレーク

こんな風にいろいろな味やメニューが楽しめるので、毎日置き換えダイエットをしたとしても日替わりで飽きずに継続していけそうです。
プロテインダイエットの注意点としては、体重の1000分の1の量が理想的な摂取量なので、それを超えて1日に2食も置き換えてしまうと体内に蓄積されてしまいます。
置き換えダイエットを活用する際には、他の食事では野菜を中心としたヘルシーなメニューを心がける事が大切です。
他の食事でも焼き肉やステーキ、ハンバーグといった高たんぱくなメニューを摂っていたら、たんぱく質の摂りすぎになってしまいます。

■こんにゃくを活用した置き換えダイエット

ダイエット

最近ではこんにゃくも、ダイエット用に加工されたいろいろな種類のメニューが開発されています。

・こんにゃくパスタ
・こんにゃくゼリー
・こんにゃくラーメン
・こんにゃく焼きそば
・こんにゃくゼリー飲料
・こんにゃくご飯

こんにゃくは超低カロリーでグルコマンナンといった食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に高い効果を示してくれます。
但しこんにゃくを活用した置き換えダイエットを行う際には、こんにゃく自体では1日に必要な栄養分が摂取出来ないので、他の食事でたんぱく質やビタミン、ミネラル類を補給していく必要があります。
こんにゃくもあまり多く摂りすぎると体内の大切な栄養分まで一緒に排出してしまうリスクが高まるので、1日の摂取量は守りましょう。

■グリーンスムージーを活用した置き換えダイエット

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s

グリーンスムージーが今大ブームとなっていますが、それはコップ1杯のグリーンスムージーを飲むだけで、ビタミンやミネラル、食物繊維を手軽に摂取できるからです。
グリーンスムージーも家庭でミキサーを活用した手作りタイプの物と、メーカーが置き換えダイエット用に製品開発した物とあります。
自家製のグリーンスムージーの場合ですと、材料によって成分やカロリーが大幅に変わってきます。
メーカー開発のグリーンスムージーの場合ですと、ビタミンとミネラル、アミノ酸の他にも酵素やコラーゲン、プラセンタといった女性の美容に嬉しい成分もプラスアルファで配合している物もあります。
メーカー開発製品のグリーンスムージーが置き換えダイエットにお勧めの訳は、コップ1杯分のカロリーが水で溶いた場合にはわずか20キロカロリー程度といった風に超低科カロリーなので、カロリーセーブが主流の置き換えダイエットには大変理想的なのです。

■まとめ

いかがでしたか?
今回は巷で人気の置き換えダイエット食品の種類と特徴について解説していきましたが、それぞれの特徴を理解する事によってこれから置き換えダイエットを始める際に、どの食品を活用していったら効果が出やすいか?といった事が理解していただけたと思います。
やはり高栄養で低カロリーな物を選ぶのが置き換えダイエットを成功させる近道なのです。メーカー開発製品のグリーンスムージーは低カロリーなのでおすすめです。

管理人一押しのグリーンスムージーを紹介します。
モニター女性が2週間で次々とダイエットに成功してます。

正面比較 側面比較
2週間で4キロの減量に成功。詳しくはこちら。
ミネラル酵素グリーンスムージーの効果!31歳OLの体験談【画像有】

正面比較 側面比較
2週間で2.9キロの減量に成功。詳しくはこちら。
服が着れない!産後太りの30歳主婦が2週間で痩せる!

おすすめのミネラル酵素グリーンスムージーの公式サイトはこちらになります。
矢印ミネラル酵素グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入するならこちらの記事をご参考ください。
ミネラル酵素グリーンスムージーを最安値で購入ならココ!